顔が左右非対称で気になる…顔の歪みの原因と治し方は?

私たちの顔には毎日小さな変化がでています。

その変化は1日程度では気づかない程の小さな事です。

そんな小さな変化が毎日毎日蓄積して、ドンドン酷くなっていったものが顔の歪みです。

毎日鏡を見ているので、顔の歪みを探そうと集中して見てみないと中々気づくことができません。

気づいた時には歪みが深刻化しており、それから毎日気になって仕方がない!って方も多いと思います。

写真を撮ったときに、「何だこの顔!カメラ壊れてるんじゃないの!」と感じるのは鏡は左右が反転しているので、写真の顔は見慣れていない為、更に歪みが酷く見えます。

他人に見えているのは写真の方の顔です。

この記事では、気になる顔の歪みの原因と治し方についてご紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてみてください。

顔の歪み(左右非対称)の原因

顔の歪みの原因は、2種類あります。

・一つ目の顔の歪みの原因は、赤ちゃんの頃に遡ります。

人間の赤ちゃんの頭、顔の骨はとても柔らかくて、赤ちゃんの頭の形はすぐに変わります

ずっと右向きで寝るようにさせていれば、右側の顔が潰れますし、ずっと仰向けで寝かせていれば所謂「絶壁」といったように歪んでしまいます。

成長につれて骨は固まっていき、そのようなことはなくなりますが、既に幼少期の過ごし方が原因で顔が歪んでしまっている方は、自分で治すことはほぼ不可能で、整形手術で骨を削り取ったりといった方法でしか治せないと言われています。

・二つ目の顔の歪みの原因は、「日頃の癖」で起こります。

例えば、

いつも頬杖をついている

 

以上の事などが原因で顔の歪みに繋がってしまいます。

人間の顔って頬杖とかちょっとしたことで動いたりしないと思いますが、それは1日という短い時間で見たらの話です。

1ヵ月、1年と続けていれば徐々に顔は歪んでいきます

片側の歯でしか食べ物を噛んでいない

片方の歯でしか食べ物を噛んでいない所謂「片噛み」は、いつも右側や左側、特定の歯で食べ物を噛んでいたりすると顔が歪んでいってしまいます。

右側の片噛みならば、右側の咀嚼筋が鍛えられ引き締まっていきますが、左側の咀嚼筋は衰えて弛んでいったり、脂肪が増えたりします。

あまりにも酷い片噛み、長期的な片噛みは筋肉が鍛えられすぎて逆に膨らみを伴ってくる場合があります。

片方のエラが張っていて気になるという方や片方のほうれい線が気になるという方は、この片噛みを疑ってみてください。

毎日決まった方向を向いて寝ている

毎日特定の方向を向いてしか寝ることができないという方は意外と多いと思います。

右側を向いて寝ている方は右側の頬肉が押しつぶされてしまいます。左側を向いて寝ている方も同様です。

片方だけ頬がたるんでいたり片方だけほうれい線が目立つという方はこれが原因の可能性が高いです。

利き目を酷使している

手や足にも使いやすい方ってありますよね。

それはにもあります。

利き目ばかりを使っていると、使っていない方は衰えていき小さくなっていってしまいます。

片方の目が大きくて片方の目が小さいといった方は、これが原因の可能性が高いです。

利き目の判断方法は、下記の方法を試して判断してください。

1. 数メートルほど離れたものを、よく見てください。(たとえば、壁に掛けた時計を見てください。)

2. 見続けながら、見ているものを指さしてみてましょう。 (指には焦点が合っていませんので、2本にぼやけて見えるはずです。)

3. この状態で、片目ずつ交互に閉じたり開けたりしてみましょう。

片方の目は、しっかり見ているものを指さしていて、もう片方の目は少しずれた方向を指さしていますね。 しっかり指さしているほうの目が“利き目”です。

顔の歪み(左右非対称)の治し方

上記の顔の歪みの原因を見て、ご自身の顔の歪みの原因はわかりましたか?

原因が分かった方は、それらを行わないようにしていきましょう。

いつも頬杖をついている方は、頬杖をつかないように意識する。

いつも片方の歯でしか食べ物を噛んでいないという方は、歪みが治るまで反対側の歯で食べ物を噛むことを意識する。できるだけ多く咀嚼して衰えている筋肉を鍛えてあげましょう。

毎日決まった方向を向いて寝ている方は、仰向けを向いて寝ましょう。腰痛持ちの方は反対側を向いて寝ましょう。

利き目を酷使している方は、家にいる間だけでも「眼帯」などで利き目を隠し、衰えている反対側の目だけを使いましょう。利き目じゃない方で過ごしていると1時間でも疲れますので、最初は30分位から始めて徐々に増やしていくといいでしょう。

顔の歪みを治すには、日ごろから顔の筋肉を左右均等に使えているかを意識する必要があります。

これらの方法は、始めてすぐに効果がでるわけではありません。

1ヵ月で少し治ってきたかな?と感じる程度で治すには、歪んだ期間と同等の時間がかかると思ってください。

ただし、利き目を酷使して目の大きさが左右非対称の方は、上記の方法を実践してすぐに効果を実感することができると思います。

やった直後から小さい方の目が大きくなったのがわかるので、目の大きさが左右で違う方は、他の歪みより軽度と言えるかもしれません。

まとめ

気になる顔の歪みもこれらの方法を行うことで、少しずつ治していくことができますし、これから起こる顔の歪みを防止することができますので、根気よく地道に続けていきましょう!

これらの原因に当てはまらない方は、他に原因があるか、先天性の顔の歪みの可能性高いため、美容整形外科に相談してもいいかもしれません。


顔に溜まったセルライト、老廃物を除去する方法【永久保存版】

マッサージをしていたら顔の中にゴリゴリとしたシコリのようなものを見つけた!

それ以来気になってしまい、適当にゴリゴリとマッサージしている方はいませんか?

そのゴリゴリとしたシコリようなものはセルライトかもしれません!

もしセルライトならば早急に対策をしないと、セルライトがさらに大きくなり顔が大きくなってしまうかもしれません。

今回は顔のゴリゴリとしたセルライトが気になる人のために、今より小顔を目指せるセルライトの改善方法を紹介します!

セルライトってなに?

セルライトとは、皮下脂肪の内外に脂肪構成物質やコラーゲン、老廃物が沈着したものとされています。

セルライトって顔にもできるの?

セルライトといえば、主に太ももの裏側お腹などにあらわれるボコボコとしたものをイメージする人が多いと思います。

実はセルライトには顔にもできるんです。

体に比べて顔は皮下脂肪は少ないため、セルライトは出来ずらいですが、顔の老廃物や顔のむくみを放置していると、それらがセルライトへと変化していきます。

顔にセルライトができると、セルライトの重みで顔のたるみが進行したり、老廃物の排出がうまくいかなくなり毛穴が汚くなってきたり、ニキビの原因にもなります。

あまりにひどいと顔の歪みにもつながり、左右非対称の顔になってしまいます。

そして厄介なことに一度顔にセルライトができると中々改善することは難しく、時間もかかるので治すには根気よく改善方法を続けていくことが大切です。

顔にセルライトができやすい人の特徴

顔にセルライトができやすい人は

無表情でいることが多い人。無表情で人と話したりする機会が少ない人は、顔が凝り固まってきます。

猫背ストレートネックの人。姿勢が悪いとリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まってしまいます。

のどちらかに当てはまる人が多いと思います。

顔にできたセルライトの改善方法

既に顔にできてしまったセルライトは下記での方法で除去を試してみてください。

リンパマッサージ

人間の体全体にはリンパ(液)というものが流れています。

リンパが流れてるリンパ管には血液や細胞の中の老廃物を排出する効果があります。

このリンパが滞っていると、老廃物の排出がうまくいかなくなり、むくみやセルライト、ニキビ等ができてしまうんです。

セルライトを除去するには、リンパマッサージはかなり重要ですので、リンパマッサージ以外の他の改善方法を試すときもリンパマッサージを行ってから、やってくださいね!

リンパマッサージのやり方は以下の動画がおすすめです。

表情筋トレーニング

日本人は欧米人と比べて表情筋を使っていることが少ないと言われています。

欧米人は75%程の表情筋を使っていて、日本人は25%程しか表情筋を使っていないとか…

表情筋は筋肉ですので、使ってなければ衰えてしまいます。

筆者は、小学校卒業から5年程家に完全に引きこもっていた時期があり、その間は殆ど会話もせずに布団の上で過ごしていましたが、表情筋がものすごく衰えており、セルライトはもできていて肌がたるみ、光が真横や真上からあたると40代に見えるほど、それはもうひどかったです。

流石に皆さんはそこまで衰えていることはないと思いますが、そのくらい表情筋は大切です。

表情筋トレーニングのやり方は、色々な方法があり、例をあげると、

まずは、口を「おー」というように 縦に大きく開き、目は白目を向くように上に向けます。

その状態で下瞼を上げ目を細めます。(太陽を見て眩しいような目つき)

この時に下瞼がピクピクとしていればキチンとできています。

この方法以外にも様々な方法があるので、よければ「表情筋トレーニング」や「顔ヨガ」で調べてみてください。

温冷療法

温冷療法は、顔のリンパや血行を促進したり肌を活性化させる効果があります。

※心臓が悪い方や高齢な方は控えてください。

温冷療法のやり方は実に簡単で、お湯(35℃以上)水(15℃以下)を用意しましょう。

まずは用意したお湯を中に10秒ほど顔につけ、その後は水の中に10秒ほど顔をつけます。

これらを1セットとし、3セット以上行いましょう。

この時に顔だけでなく頭全体(頭皮まで)つけると効果が上がります!

まとめ

いかがだったでしょうか?

一度顔にできたセルライトを改善するのは簡単なことではなく非常に時間がかかります。

私自身も顔のセルライト、老廃物で悩んでいでいて、今回したリンパマッサージや表情筋トレーニング、温冷療法を毎日、半年程続けていますがかなり改善されてきて、顔の歪みまで治ってきています。

同じように悩んでいる方がいれば、頑張って継続してみてくださいね!

継続は力なり!です!



いちご鼻を治すには?黒ずみの原因と正しい治し方!

鼻にある黒いブツブツ…「周りの人の鼻は黒ずみが無くて綺麗なのに何で私だけ…

そんな「いちご鼻や黒ずみ」に悩んでいる人はたくさんいます。

いちご鼻だと、人と話すときも気になって自分に自信が持てないですよね。

そんな人に読んでほしい「いちご鼻の治し方」を紹介します。

いちご鼻の原因

いちご鼻の原因は毛穴に詰まった角栓が酸化することで黒く変色し黒ずみが目立ってしまい、結果的にいちご鼻になってしまいます。

  1. 毛穴に汚れや皮脂が溜まる。
  2. 毛穴の汚れや皮脂が固まり角栓になる。
  3. 毛穴の角栓が酸化して黒ずみになる。

いちご鼻や黒ずみは上記の手順で出来上がります。

特に女性の方はお化粧をするので、ファンデーションなどが毛穴に入り込み、洗顔をしないで寝てしまったりして、更にいちご鼻、黒ずみが悪化してしまったりもします。

男性の方は女性の方より皮脂の量が多いため、いちご鼻、黒ずみになりやすいと言えますね。

じゃあ角栓(黒ずみ)を取り除けばすぐに治るの?!という風に思う人もいると思いますが、そんな単純にはいきません。

元の肌の再生力が強い人は毛穴が多少広がったとしても、肌の再生力で元に戻りますが、乾燥肌インナードライなどの肌の再生力が弱い人は、角栓を取り除いたとしても開いた毛穴を閉じることができません。

いちご鼻、黒ずみに悩んでいる人は肌の再生力が弱いです。なので正しい洗顔と保湿だけを行い肌の再生力を強くしていきましょう。

肌の再生力が強くなっていけば自然と毛穴が小さくなっていき、いちご鼻、黒ずみは改善されていきますよ!

その他の原因

角栓が詰まったり黒ずみが目立つようになるには洗顔や保湿の仕方に原因でもありますが、その他ににも原因はあります。

主に

  • ストレス
  • 飲酒・喫煙
  • 睡眠不足
  • 食生活

などがあげられます。

これから紹介する「いちご鼻の正しい治し方」を理解し、正しい洗顔と保湿を行い、食生活や睡眠不足を自覚している方はそれらも並行して行っていくことで、より早いいちご鼻と黒ずみの改善を期待できます!

いちご鼻の正しい治し方




いちご鼻や黒ずみを治すにはターンオーバーが関わってきます。

ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりのことで、人の肌は28日周期で表面の 古い肌が剥がれ落ち新しい肌が表面に出てきます。

このターンオーバーが正しく行われていないと、角栓の排出や肌の生まれ変わりがうまくいかずにいちご鼻や黒ずみが発生してしまうわけです。

このターンオーバーを正常化させることで、いちご鼻や黒ずみが徐々に改善していきます。

ターンオーバーを正常化させるには正しい洗顔方法で肌を必要以上に傷つけないことで正常化に近づいていきます。

正しい洗顔をする。

洗顔なんて正しくできてるよ!って人も見直してみてくださいね。

まずは、洗顔とは別の注意点になりますが、髪にシャンプーやリンス、トリートメントを使って洗い流すときに顔にお湯がかかっていませんか?

シャンプーなどを洗い流した水が顔にかかってしまうとせっかく優しく皮脂を取りすぎないように洗顔する意味がなくなってしまいます。

シャンプーは洗顔料より洗浄力が強いですし、ぬるま湯でもなく熱いお湯ですから皮脂がごっそり持っていかれて乾燥の原因にもなってしまいます

基本中の基本ですが、これができてない人は意外と多いです。

肌は優しい洗顔法で洗うことが一番大事なことです。

いちご鼻や黒ずみの原因は実はインナードライだった!というケースも多く、毛穴を閉じるのに保湿は必須で乾燥しているといくら待っても毛穴は消えません。

間違った洗顔法は肌を乾燥させ、皮脂を過剰に分泌する原因になり更に毛穴が開いてしまい、いちご鼻改善から遠ざかってしまいます。

洗顔の基本は洗浄力が強すぎない洗顔料をモコモコに泡立てて優しく洗うことです。

まずは洗顔方法を見直し正しい洗顔をしましょう。

正しい洗顔方法は下記の通りです。

  1. 手を石けんで洗います。手には雑菌が多くついているため、手を洗わないと顔に雑菌をつけることになりますし、洗顔料が泡立ちずらくなります。
  2. 顔をぬるま湯で軽く洗い流します。
  3. 石けんをしっかり泡立てます。泡立てネットといった商品を使うと手で泡立てるよりもキメが細かい泡を早く作ることができます。
  4. たっぷりの泡を顔に乗せ、泡で肌を撫でるように洗います。この時に指でゴシゴシと各栓を取ろうとしないでください。泡を擦りつけて洗うような感覚で。
  5. 最後はしっかりすすぎをし、タオルを押し付けるようにして水分をふき取り、ふき取ったらすぐに保湿してください。

以上の方法が洗顔の基本になります。

洗顔後に白い角栓がヒョロヒョロと見えることがありますが、気になってゴシゴシ擦って落とさないようにしましょう。

無理やり角栓や黒ずみを取ろうとすることは逆に悪化させてしまいます。

ぬるま湯は30度位の温度で少し冷たいと感じるくらいの温度で。

洗顔の回数は朝と夜に1回ずつの計2回におこないましょう。

気になるからといって何回も洗顔してはいけませんよ。

+αとして、洗顔をする前に蒸しタオルを使い汚れが落ちやすいように毛穴を開いてから洗顔を行うことも効果的です。

蒸しタオルの作り方は水で濡らしたタオルを絞って電子レンジで30秒ほど加熱したら完成です。

やけどしない程度に冷ましてから顔の上に乗せてくださいね!

正しい保湿をする。

正しい洗顔を行っても正しい保湿ができてなければ意味がありません。

洗顔後は汚れや角栓を洗い流した後で毛穴が開いてしまっています。

保湿をして肌をふっくらとさせなければ毛穴を閉じることはできません。

保湿しないでそのまま放置していると更に毛穴が開き、そこに汚れが溜まりいちご鼻が悪化してしまうので洗顔をしたら必ず保湿をしましょう。

  1.  洗顔後1分以内に化粧水をつけます。この時に一度にすべてつけず、少量を数回に分けて重ねるようにつけると効果的です。
  2. 乳液を少量手に取り、薄く塗ります。乳液の量少なすぎても多すぎてもいけません。乳液の量が少なすぎると肌をコーティングすることができずに乾燥が進行してしまいますし、乳液の量が多すぎるとテカってしまったり毛穴が詰まり、ニキビが出来てしまったりします。
  3. 最後に美容液をつけておしまい。

保湿は上記の手順で行いましょう。

シンプルイズベスト! 余計な事はしないでシンプルなケアをしていれば、肌本来の力で治っていきます。

数日で効果が出るわけではありませんが、1ヵ月2ヵ月と続けていけば日に日に効果を感じることができますよ。

イチゴ鼻はピーリングで治る?

いちご鼻や黒ずみがピーリングで治るかと言われれば、「人による」としか言えません。

乾燥肌やインナードライ肌、敏感肌の方はピーリングをすることは避けた方がいいです。

ピーリングは物凄く肌に刺激を与えるため、敏感肌の人がすると肌が荒れてしまうこともあります。

綺麗にするつもりが更に荒れて汚くなってしまった!なんてことにもなりかねません。

もしピーリングをする場合は多くても月に1回のペースで行うようにしましょう。

ピーリングのやりすぎは肌を薄くし、ビニール肌といった新たな肌トラブルが発生してしまいます。

いちご鼻を治す上でやってはいけないこと

一番やってはいけないことは無理やり角栓を押し出すことです。

指で押し出すことは、毛穴を押し広げて雑菌を毛穴に塗りたくる行為ですので絶対にしてはいけません。

また、オリーブオイルなどを鼻につけ、綿棒などで押し出し方法や毛穴パックなども同様にやってはいけません。

肌が健康的な人は毛穴パックなどで手荒にケアしても肌の再生力があるため、元に戻りますが、いちご鼻の人は肌の再生力が弱いため、毛穴パックなどで角栓を除去しても毛穴が開いたままで閉じることができません。

角栓を無理やり除去して一時的に綺麗に見えたとしても、実際は肌が傷ついただけという悲惨な結果になってしまいます。

まとめ

私からアドバイスをするとしたら、鏡をあまり見ないこと!

鏡を見ていると、どうしてもいちご鼻や黒ずみが気になってしまい手で触ったりストレスが溜まったりしていまいます。

手で触ると雑菌がつきますし、ストレスはお肌を綺麗にする上で障害になりますしね。

今すぐに治すことはできませんから、地道に正しい洗顔と保湿をしていき治していきましょう!